コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

誰にも聞けない起業1年前の教科書

 ソーシャルワークサービスで起業しようときめた。

あと、一年は今の仕事の責任があるため隠密に行動と準備しよう。

とりあえず今日は決意表明。

ついでに将来の本のネタになればいいと思う。

今日思いついたタイトルが「誰にも聞けない起業1年前の教科書」

スポンサーサイト

テーマ : 独立・開業
ジャンル : ビジネス

コンテントヘッダー

すごい営業本

こう見えても僕は営業職。しかも管理職。

それなりに実績も挙げてきたし、業界内では自信もある。

でも、この2冊の本を読んで「かなわない」と本気で思いました。

昼メシは座って食べるな!

プロフェッショナルセールスマン ― 「伝説の営業」と呼ばれた男の壮絶顧客志向

昼飯は~の作者の市村洋文さんは学生時代から「学生旅行ツアー」の企画を仕掛け、4年間で60億の売上げを上げるなど半端じゃない成功っぷり。しかも、そのまま起業はせず、世の中にあるキツイ仕事を体験しなくては自分はだめになる!と考え野村證券に入社。預かり資産20億を2000億に伸ばすなどほとんど漫画のような営業マンです。

正直ここまで常識外れていると人間離れしているとしか思えません。それくらいすごい。ちなみにプロフィールの写真が一番「きてます。」

プロフェッショナルセールスマンの本当の主人公は「甲州 賢(こうしゅう まさる)」さんというかた。とても残念なことに42歳で急逝されています。ですが、この方の伝説も半端ではありません。フルコミッションで有名なプレデンシャル生命にヘッドハントされ、瞬く間にトップの座を獲得。本気でイチローの年収を抜こうと考えていたと言うからすさまじい。しかも、お金のためにではありません。
なによりもこの方が愛していたのはお客様であり、「セールス」という道です。一つ一つの伝説を読み解いていくと分かってくるのはここまでセールスという生き方を極めようとした方は世の中にもいなかっただろうということ。本人が伝説になってしまっているのでおそらく生命保険というセールスの分野がある限り永遠に語り継がれるに違いありません。正直最後のほうのゴルフの話はあそこまで入れなくてもいいかなとおもいますがそれ以外の部分は常に手の届く本棚にいれて、読み返したい。そう思いました。

営業や仕事に悩むあなた、とりあえず読んでみてください。強烈な薬になります。

テーマ : ビジネスブログ
ジャンル : ビジネス

コンテントヘッダー

7つの習慣

いまさらながら7つの習慣―成功には原則があった!をちゃんとよみました。

自己啓発書の基本ですが、あらためてここまで貫かれている信念とクオリティーに圧倒されました。


7つの習慣とは

依存の状態から始まって

1 主体性を発揮する
2 目的をもって始める
3 重要事項を優先する 

ここまで私的成功の分野
ここまでくると自立に向かいます。
それから・・

4 WINWINを考える
5 理解してから理解される
6 相乗効果を発揮する
↑公的成功の分野
ここから「相互依存」という状態になることが出来る。

7 刃を研ぐ(肉体 精神 知的 社会・情緒のそれぞれを最新再生すること)

本の中では私的成功がなければ公的成功はないと伝えています。また相互依存という状態は頼りあうと言うよりもお互いを尊敬し貢献しあう状態です。

本のなかで書かれていることはまったく全うなこと。それなのになぜわれわれは出来ないのでしょうか?
いや、こうして悩んでいることが実は相互依存に向かってすすんでいるのかもしれません。

 

7つの習慣―成功には原則があった!7つの習慣―成功には原則があった!
(1996/12)
スティーブン・R. コヴィー、ジェームス スキナー 他

商品詳細を見る


テーマ : ビジネスブログ
ジャンル : ビジネス

コンテントヘッダー

心を整えたい。

プロサッカー選手 長谷部 誠さんの心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣を読みました。

実は僕はサッカーが良くわからないのです。。キャプテン翼世代なのですが、根っからの運動オンチの僕はまともにサッカーをしたことがありませんorz

それでもこの本が売れているのは何より「心のマネジメント」に特化しているから。

長谷部選手は1日30分、暗い部屋で横になって心を調律する時間をもうけている。

僕も早速まねしたいと思います。それにしても、こどものときサッカーをちゃんとやってたら人生変わってたかもと思う僕はナルシスト?



心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣
(2011/03/17)
長谷部誠

商品詳細を見る

テーマ : ビジネスブログ
ジャンル : ビジネス

コンテントヘッダー

運動会に来ないでくれと言われた話


そろそろ運動会シーズン。

昔は9月くらいだったのに最近は5月に行うところが増えましたね。

僕は運動神経がゼロに近かったのでかなり運動会が嫌でした。雨ふれ雨ふれとず~っと毎回思っていましたね。
クラスの9割のメンバーは楽しみにしているので、非常に皆の前では言いにくかったのですが運動会のときに僕と同じ気持だった人は意外と多いのでは?

また、足の遅い僕がいるのにクラス全員リレーなんていう非常に民主的な競技があったので大変でした。

今でも覚えているのは、運動会の前日クラスのなかで足の速い友達にトイレ前に呼び出されて言われたひと言です。



結局言われても参加したのですが・・・ビリでした。

子供のころのつらい話って意外と覚えてるんだよね。
いま、毎週のようにカラダを動かしているのは、きっとそのときの自分を乗り越えたいからだと思います。

それから家の裏山や浜辺を時間を見つけては走るようにしました。ただ、中学まではやっぱり遅い。
僕の場合高校くらいから足の速さが人並みになってきて、特に長距離は得意になりました。

大学生のころには昔の友達よりも体力がついていましたね。

そのころになると逆に周りの人達のほうが体力的には劣るようになります。

昔ダメでも絶対に取り返すチャンスは人生に必ずあります!10年かかってもいいんです。20年かけてもいいんです!納得いくまでやっていくことなんでしょうね。

しつこく、しつこく。

テーマ : ビジネスブログ
ジャンル : ビジネス

プロフィール

中年のび太

Author:中年のび太
リハビリとケアの手法をビジネスに応用する「ビジネス・リハケア」の提唱者。

小さいころからド近眼で運動神経0。人づき合いもにがてで、緊張すると失禁してしまうほどの「のび太ぶり」

入社した会社でも10分ですむ顧客対応に1日かかるなど失敗ばかりしていたが、仕事で関わった病院のリハビリテーションをきっかけに苦手な事でも短時間の訓練で強みに変えることができると確信。

リハビリとケアの手法で自分もまわりも変えることができると気づく。

これを機に1日短時間の「ビジネス・リハケア」を実施。営業、マネジメントに成果を出しはじめ、年間の売り上げ目標を5年連続で更新し続ける。

現在は「社会全体のリハビリ」を行うために準備中。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。