FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

羊羹つくりから人生を学ぶ

1坪の奇跡―40年以上行列がとぎれない 吉祥寺「小ざさ」味と仕事

 以前に一度読んでいたのですがあらためて読み直しさせていただきました。

 いい大人が電車の中で涙を流してしまいました・・

「完璧なものをつくりたいと意気込んではいけない。
 うまくいかなかったからといって、落ち込んでもいけない。
 お客様のために真心をこめてつくるのは当たり前のことですが、いざ羊羹を練るときは、私ひとりきりの世界。
 誰にも邪魔されずに、羊羹と向き合う瞬間です。唯一、無心になれる瞬間。いろいろな思いを引きずっていては、絶対にうまくはいきません。」
 (*一部改行等文字制限のため変更になっております。)

 落ち込んでいるつもりはないのですが非常に心に染み入りました。
 いまの僕に足らないのは無心ですね。

 自分が何者であるのか、今一度やり直して行こうと決意です。

1坪の奇跡―40年以上行列がとぎれない 吉祥寺「小ざさ」味と仕事1坪の奇跡―40年以上行列がとぎれない 吉祥寺「小ざさ」味と仕事
(2010/12/03)
稲垣 篤子

商品詳細を見る

 
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

もう一度「のび太」にもどる

 プロフィールからはじまって約一年間の講座が先日終わりました。
 誰からも声はかけられませんでしたが、とてもすがすがしい気分です。僕が一緒に学べた方たちが編集の方に声をかけられているのを見ると羨望よりもむしろ安心感が広がりました。

 「今はまだ自分の出番ではない」

 今の自分に足りないのは武勲。それは自分の生き方にもう一度本気で取り組むことによってしかなしえない。
 それにはある意味「狂気」が必要だと思っています。実は講座の途中から痛いほど分かっていました。

 プロフィールのときにお世話になった先生方からは今一度「のび太」からやり直すことをアドバイスいただきました。
 
 自分にとっての今回の講座は僕にとっての「ドラえもん」でした。未来の世界を垣間見せてくれる。ただし、見えた未来は自分で作っていくしかない。自分だけの利益を求めたらしっぺ返しが待っている。
講師の方は常に言葉を4次元ポケットから取り出しておられるような人ですが、その言葉はこちらの本気度によって毒にも薬にもなりました。

 この講座を通じて学んだことは言葉は命なのだということ。だから、ないがしろには出来ません。ある著者の方とお話したときは投げかけられた一言だけで体がしびれるような感覚を得たこともありました。

 また、本を作っているいる編集の方々と作られた本について熱い話ができたことは人生の収穫です。自分の売込みよりも編集の方たちの情熱にすっかり魅了され、涙が出そうになりました。

 そうか、言葉は命であって本は生きて息をしているのですね。紙、装丁、色、行間、すべてに命が入っている。
 講師の方が「電子書籍は本じゃない」とおっしゃられていた意味が分かってきました。

 僕は今日から新しい章にうつります。
コンテントヘッダー

倒れる前にあと5歩すすめ!

昨日は現在教えていただいているセミナーの最終講義でした。

セミナーを受講しはじめた時より毎日が身を削る思い。セミナーは月一なのに毎日一瞬一瞬を意識していかざるを得ない毎日。

こんなセミナーあるの?と思ってしまった。おそらく宗教以上に自己改革を求められる。悪用厳禁のすさまじいセミナーです。メンタルにやましいところがある人はおそらく途中で耐えられなくなります。

そんな講義の最後の教えが「倒れるそうになったらあと一歩、また倒れそうならもう一歩、そして本当に倒れる前にあと5歩すすんでみなさい。そこまでやりなさい」と教えていただきました。

ブランド人になることは自分の中の余分なものを削ぎ落とし、どこまでも自分を磨いていくこと。磨くと言っても半端ではない。世の中に求められる貢献できる自分でいるためにあらゆる手段で役割を演じきらなくてはいけない。それは生半可な覚悟ではない。

そうか、ブランド人とは米から吟醸酒を作るようなものなのだなと考えた。
削って磨いて磨いて一流の酒になる。だから人に夢を見させ、酔わすことが出来るのだ。


コンテントヘッダー

読まずにはいられない

宿題が山盛りのせいもあり、毎日今までの人生の中でおそらく一番読書をしています。

読書というよりとにかく活字を追っています。

読まずにはいられない。

その中で読んでも理解のできない書物も非常に多い。

つくづく自分の理解のなさがいやになりますが、それでも読む。

理解できないときは「はじめに」と「目次」と「終わりに」だけでも目を通す。

目次がピン!と来た章だけでも読む。

そして気になることば、文字をノートに書き写す。

それをただひたすら繰り返しています。

いまの僕にはそれしかない。この年末、ありがたいくらいの時間があるのでとにかく読みます。

ああ、アマゾンの良い顧客だ。

テーマ : ビジネスブログ
ジャンル : ビジネス

コンテントヘッダー

おふ会で魅力ある社長を考えた

コンビニにも並び始めた人気上昇中の本バカでも年収1000万円の著者「伊藤喜之さん」とのオフ会から今帰宅。

IT会で成功している社長さんもこられて、非常に普通では聞けない業界のお話を聞けました。

今日お話を皆さんとしていてわかったことは社員には社長の気持ちが理解できない。社長は社員に気持ちが伝わらないと感じているということ。

でも良く考えれば当たり前かも。

だって他人だから。自分の娘でも親の意に反した行動しかしませんから。

だからこそ格好のいい「理念」ということばに酔わずに自分の影響力を磨いていくしかないのかもしれません。

結局社員が社長に従うのは理念よりも社長の魅力に従っているだけだから。

魅力を生かすために理念やら戦略やらが生まれている。

社員から見れば理念より社長を見て将来を考えているのです。

だからこそ伊藤さんは成功したのでしょう。

テーマ : ビジネスブログ
ジャンル : ビジネス

プロフィール

中年のび太

Author:中年のび太
リハビリとケアの手法をビジネスに応用する「ビジネス・リハケア」の提唱者。

小さいころからド近眼で運動神経0。人づき合いもにがてで、緊張すると失禁してしまうほどの「のび太ぶり」

入社した会社でも10分ですむ顧客対応に1日かかるなど失敗ばかりしていたが、仕事で関わった病院のリハビリテーションをきっかけに苦手な事でも短時間の訓練で強みに変えることができると確信。

リハビリとケアの手法で自分もまわりも変えることができると気づく。

これを機に1日短時間の「ビジネス・リハケア」を実施。営業、マネジメントに成果を出しはじめ、年間の売り上げ目標を5年連続で更新し続ける。

現在は「社会全体のリハビリ」を行うために準備中。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。