FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ビジョナリーカンパニー2/弾み車の概念に泣きました。

ビジネス書 実行したらどうなるか?

今回はビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則です。

結構分厚い本だったのですが毎日朝10分のプチ読書で読破!

3週間くらいかかりましたが・・

その後はアンダーラインばかりで僕の仕事の参考書といった本になっています。

中でも感動したのは「弾み車の概念」
以下引用です。

「革命や、劇的な改革や、痛みを伴う大リストラに取り組む指導者は、ほぼ例外なく偉大な企業への飛躍を達成できない。偉大な企業への飛躍は、結果を見ればどれほど劇的なものであっても、一挙に達成されることはない。たった一つの決定的な行動もなければ、壮大な計画もなければ、起死回生の技術革新もなければ、一回限りの幸運もなければ、奇跡の瞬間もない。逆に、巨大で重い弾み車をひとつの方向に回し続けるのに似ている。ひたすら回し続けていると、少しずつ勢いがついていき、やがて考えられないほど回転が速くなる。」

もはや何の説明も要らないくらいの長い文です笑

でも、読んだとき泣いてしまいました。

仕事の成果がはっきり出ておらず悶々としていた時期にこの本に出会いましたから。

この本に励まされ、「1日10分プチ行動」も続いたようなものです。

正しいやり方をひたすら続けていく。そのうち成功が加速していく。

一定の営業活動を一定期間ひたすら続けるとある程度の成果が出てきます。そして、内容を手直ししてまた続け

。たったそれだけの継続でしたが、僕の持ったチームは大きく成果を出すことができました。もしかす

ると、ほとんどの組織は決めたことの継続と実行ができていないのでは?と気づくきっかけにもなりました。
スポンサーサイト

テーマ : ビジネスブログ
ジャンル : ビジネス

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ビジョナリーカンパニーは確かにすごい本ですね。僕は今のところ、読み始めている段階に「弾み車の概念について、あんまり理解できていないために、ネットで調べて、このHPを見かけた
プロフィール

中年のび太

Author:中年のび太
リハビリとケアの手法をビジネスに応用する「ビジネス・リハケア」の提唱者。

小さいころからド近眼で運動神経0。人づき合いもにがてで、緊張すると失禁してしまうほどの「のび太ぶり」

入社した会社でも10分ですむ顧客対応に1日かかるなど失敗ばかりしていたが、仕事で関わった病院のリハビリテーションをきっかけに苦手な事でも短時間の訓練で強みに変えることができると確信。

リハビリとケアの手法で自分もまわりも変えることができると気づく。

これを機に1日短時間の「ビジネス・リハケア」を実施。営業、マネジメントに成果を出しはじめ、年間の売り上げ目標を5年連続で更新し続ける。

現在は「社会全体のリハビリ」を行うために準備中。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。