FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

小山龍介さんに足がすくんだ

ことばで足が動かない。

先日「日本タイトルだけ大賞」に参加。

すぐ近くの席にあの「小山龍介」さんがおられたのでご挨拶。

対談セミナーCDの中にボランティアに関する発言があったので僕の仕事の話を伝えました。

「マイナスをまずなくすことがプラスにつながる」
「障害者を補助する部分と人間の成長が一緒」

という僕なりの持論を展開したつもりでしたが・・

「話が浅いですよ。響かない。今の話は本質の中心から外れています。」

その一言で足が動かなくなった。

批判を受けたからとか、自信がなくなったからではなく本当にことばでしばられた。

土井英司さんに「一流の著者は一瞬でまわりを飲み込むオーラがある」と教えていたいたことを実感。

土井さんのことばも一言一言がやじりのように心に残ります。抜けない。

小山さんのことばにはしばられてしまった。

なぜ一流の人のことばはこんなに簡単でこんなに重いのだろう?

なぞを解かなくてはいけない。
スポンサーサイト

テーマ : 夢を叶える
ジャンル : ビジネス

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中年のび太

Author:中年のび太
リハビリとケアの手法をビジネスに応用する「ビジネス・リハケア」の提唱者。

小さいころからド近眼で運動神経0。人づき合いもにがてで、緊張すると失禁してしまうほどの「のび太ぶり」

入社した会社でも10分ですむ顧客対応に1日かかるなど失敗ばかりしていたが、仕事で関わった病院のリハビリテーションをきっかけに苦手な事でも短時間の訓練で強みに変えることができると確信。

リハビリとケアの手法で自分もまわりも変えることができると気づく。

これを機に1日短時間の「ビジネス・リハケア」を実施。営業、マネジメントに成果を出しはじめ、年間の売り上げ目標を5年連続で更新し続ける。

現在は「社会全体のリハビリ」を行うために準備中。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。