FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

もう一度「のび太」にもどる

 プロフィールからはじまって約一年間の講座が先日終わりました。
 誰からも声はかけられませんでしたが、とてもすがすがしい気分です。僕が一緒に学べた方たちが編集の方に声をかけられているのを見ると羨望よりもむしろ安心感が広がりました。

 「今はまだ自分の出番ではない」

 今の自分に足りないのは武勲。それは自分の生き方にもう一度本気で取り組むことによってしかなしえない。
 それにはある意味「狂気」が必要だと思っています。実は講座の途中から痛いほど分かっていました。

 プロフィールのときにお世話になった先生方からは今一度「のび太」からやり直すことをアドバイスいただきました。
 
 自分にとっての今回の講座は僕にとっての「ドラえもん」でした。未来の世界を垣間見せてくれる。ただし、見えた未来は自分で作っていくしかない。自分だけの利益を求めたらしっぺ返しが待っている。
講師の方は常に言葉を4次元ポケットから取り出しておられるような人ですが、その言葉はこちらの本気度によって毒にも薬にもなりました。

 この講座を通じて学んだことは言葉は命なのだということ。だから、ないがしろには出来ません。ある著者の方とお話したときは投げかけられた一言だけで体がしびれるような感覚を得たこともありました。

 また、本を作っているいる編集の方々と作られた本について熱い話ができたことは人生の収穫です。自分の売込みよりも編集の方たちの情熱にすっかり魅了され、涙が出そうになりました。

 そうか、言葉は命であって本は生きて息をしているのですね。紙、装丁、色、行間、すべてに命が入っている。
 講師の方が「電子書籍は本じゃない」とおっしゃられていた意味が分かってきました。

 僕は今日から新しい章にうつります。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中年のび太

Author:中年のび太
リハビリとケアの手法をビジネスに応用する「ビジネス・リハケア」の提唱者。

小さいころからド近眼で運動神経0。人づき合いもにがてで、緊張すると失禁してしまうほどの「のび太ぶり」

入社した会社でも10分ですむ顧客対応に1日かかるなど失敗ばかりしていたが、仕事で関わった病院のリハビリテーションをきっかけに苦手な事でも短時間の訓練で強みに変えることができると確信。

リハビリとケアの手法で自分もまわりも変えることができると気づく。

これを機に1日短時間の「ビジネス・リハケア」を実施。営業、マネジメントに成果を出しはじめ、年間の売り上げ目標を5年連続で更新し続ける。

現在は「社会全体のリハビリ」を行うために準備中。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。